男のステータスとして太陽光発電を導入

私はお見合いをする前に自宅に太陽光発電を自宅に導入しました。
自分は四十代になるまでずっと独身で過ごしていたのですが、
やはり歳を取ってくると独り身でいる事が寂しく思えてきますし、
老後に一人で居る自分を想像すると不安で仕方ありませんでした。
そういった不安を抱えていたある日の事、いつもの様にテレビを眺めていると、
四十代の人同士のお見合いが流行っているというニュースがやっていたのです。
そのニュースを眺めている内に、四十代になっても結婚を諦めていない人がそれだけ居るのならば、
自分にもチャンスがあるはずだと思ってお見合いに参加する事にしました。
自分は小さいながらも一軒家を持っており、これもお見合いをする時には立派なステータスになると思ったのですが、
それだけでは足りないと思って高級車でも購入しようかと考えました。
しかし世の中には高級車を持っている事をステータスに感じるよりも、
しっかりと節約したり貯金をしている事の方がステータスに思う女性も多い筈だと考えたのです。
それならば自宅に太陽光発電を導入する方が、結婚した後のことを考えると、
家計の心配事も減らせて喜んでもらえるのではないかと思ったのです。
そう考えて戸田市の自宅に発電パネルを設置したのですが、
お見合いの時に発電パネルが自宅にあるという事を話すと、
殆どの女性が食いついてくれたのは興味深かったです。
お陰様で四十代になってからの結婚にも成功する事が出来ました。