極端な気温の差が無い入間市で太陽光発電

普通に太陽光発電という言葉を聞くと、反射的に日の光が強ければ、沢山の電気を発生させる事が出来て、万事OKだと思ってしまいますよね。
nullしかし、現実にはそんな単純なものでもないんですよね。
なぜなら、曇りや雨の場合には発電量が落ちてしまうのも事実ですが、温度差も大きな影響を与えるんですよね。
ですから、夏にあまりにも暑いとなってしまうと、影響してしまうんですよね。
ですから、埼玉というと日本一暑い熊谷がありますし、同じ関東というくくりで考えれば、日照時間が長い、山梨県を連想してしまいます。
山梨の方はとも無く、暑くなる熊谷もあるし、埼玉では太陽光発電を導入するのはちょっといかがなものかと、思っている人もいるかもしれません。
しかし、入間市ならば私はOKだと思います。
日照時間も全国平均で見れば、真ん中くらいなので、過剰ではありませんが十分に電気も作る事が出来ますし、極端な温度差も存在しませんからね。
とにかく日の光、太陽の力と考えるのではなく、温度差も考慮して考えると、むしろベストなのではと思ってしまいます。
入間市は関東ですが、栃木県のように東北に近い寒さが襲ってくる事もないですし、大雪が必ず毎年降るということも無いです。
とにかく動きが少ない気候という概念で考えれば、いいところだと私は思います。
入間市はちゃんとしっかり太陽光発電に対する補助金も出ていますし、他の地域のおける気候で自分勝手に判断せず、検討してみてはいかがでしょうか。
自然環境は悪くないのですからね。