入間市の太陽光発電への取り組み

埼玉県入間市では、地球温暖化防止と環境への負荷が少ないエネルギー開発への寄与のための取り組みとして、個人住宅の太陽光発電搭載の初期費用に対する補助制度が設けられています。
補助の内容は、市内にある自宅に太陽光発電システムを設置する個人を対象として、1kw当たり2万円、最大5万円までを限度として補助するというものです。
予算額として、前期は90件分である450万円、後期は50件分である250万円が用意されていて、それ以上の申請があった場合には、前期後期それぞれの枠の中で抽選が行われる事になります。
前期後期ともに、受付期間は限られた日数しかないため、申請漏れのない様に、事前にきちんと確認しておく必要があります。
抽選となった場合には、公開抽選が実施され、補助が受けられるのは当選者のみになるという仕組みです。null
ただし、前記の新生児に抽選で外れてしまった場合は、もう一度後期の抽選を受ける事が可能です。
また、後期の場合のみ、抽選に外れてしまった人のキャンセル待ちも適用される事になります。
補助金交付が決定した場合には、設置工事終了後、定められた期間のうちに、入間市住宅用太陽光発電システム設置事業実績報告書に必要とされる添付書類を添えて提出する必要があります。
この書類が承認されてはじめて補助金を受け取る事が出来るのです。
また、補助金を受けた人は、設置後1年間の売電量及び買電量のデータを集計したものを役場の当該係まで提出する事が定められています